昔東京で通信制高校に通っていました

一番落ち着ける自室でリラックスして勉強出来た

東京の比較的新しい通信制高校に通った一番落ち着ける自室でリラックスして勉強出来た学校に行かなくても勉強はできる

定時制の場合は夜であってもほぼ毎日学校に通わなくてはいけませんが、その学校は年間で数日程度教室にいけばいいだけだったので私としても通いやすそうだと直感的に認識できました。
事実登校日以外は全て自宅学習で済ませましたが、勉強に詰まることもなければ日々こなさなければならない勉強の量にうんざりすることもなかったので気楽に毎日勉強できたことを鮮明に覚えています。
中学時代と通信制高校を利用したときとの決定的な違いはリラックスして勉強できるかどうかでした。
中学時代はいじめの影響もあり教室にいるだけで非常に強い不安感や嫌悪感を感じていましたし、教師も信頼できないような人だったのでそもそも学ぶ意欲すら沸き起こってきませんでした。
でも自宅で自分のペースで、テキストなどを見ながら勉強するという手法なら一番落ち着ける自室という環境の中で気持ちを緩やかにして勉強ができていたので、他人の目線などを気にすることもなければ強い圧迫感に苛まれることもなく問題にのみ集中することが出来ました。
普通の学校では認められないであろうジュースを飲みながら勉強ができるというのも、何気に嬉しいポイントだったと今となっては思い出せます。

通信制高校 東京通信制高校・サポート校・東京ネットワーク